Blog&column
ブログ・コラム

コンクリートリペアをする際のメリット・デメリット

query_builder 2021/10/17
コラム
5
コンクリートリペアを行うには、業者に依頼するか、もしくは自分でDIYして補修します。
それぞれにメリット、デメリットがあります。
今回はコンクリートリペアを業者に依頼する場合と、DIYする場合のそれぞれの注意点についてお話します。

▼コンクリートリペアをするには
ご自宅のコンクリートリペアを考える場合、出来るだけお金を掛けたくないものです。
しかし、放っておくとヒビや欠けの部分が広がる可能性もあります。
多少のひび割れや欠けであれば、DIYで直すことも可能ですが、素人には難しい場合もあります。
DIYする場合、補修する箇所の大きさや重要度をしっかりと考えて行いましょう。

▼DIYする場合のメリットとデメリット
最近では様々なコンクリートリペア出来るDIY専用のものも売られています。
DIYでも出来るコンクリートリペアの特徴を知っておきましょう。

■メリット
DIYでコンクリートリペアを行う最も大きなメリットは、費用が最小限におさえられるという事でしょう。
多少の補修であれば用途に合わせたものを購入して、DIYで費用を浮かせることが出来ます。

■デメリット
広い範囲をDIYでコンクリートリペアしようとすると、当たり前ですがプロのような仕上がりにする事は出来ません。
コンクリートリペアを自分で行う場合は、あくまで応急処置程度と思っておいた方が良いでしょう。
さらに普段やらない作業であれば、材料や道具を用意するところから、作業の時間もかなり費やしてしまう可能性があります。

▼業者に依頼した時のメリットとデメリット
コンクリートリペアをしようと考えた場合、どの程度の補修が必要なのかを確認してから業者に依頼すると良いでしょう。
業者にしか出来ない補修施工があります。

■メリット
メリットとして、キレイな仕上がりが期待できるというもの。
エクステリアとしてコンクリートリペアを考えているのであれば、仕上がりがキレイにならなければ意味がありません。
エクステリアとしてだけでなく、安全面などを考えてのコンクリートリペアでも業者に依頼する事で安心感があります。

■デメリット
どうしても業者へ依頼するということは費用がかかるものです。
ほんのちょっとの補修だと、必要以上にお金がかかってしまうこともある為、補修する箇所や範囲を考えて依頼しなければなりません。

▼まとめ
コンクリートリペアを考えている場合、DIYした方が良いのか、業者に依頼した方が良いのか判断が難しいでしょう。
まずは見積もり、もしくは予算に応じた対応が可能かどうかを確認してみてはいかがでしょうか。

NEW

  • 人工芝の選び方

    query_builder 2021/09/24
  • 土間工事の業者選びのポイント

    query_builder 2023/08/01
  • 土間工事の耐用年数は?

    query_builder 2023/07/03
  • 土間工事は雨の日に行っても大丈夫?

    query_builder 2023/06/05
  • 外構の見積もりの最適なタイミング

    query_builder 2023/05/03

CATEGORY

ARCHIVE